2012年3月25日 (日)

当ブログにピリオド。ありがとうございました。

下の写真、普通の木造家屋、"三丁目の夕日"のころ、ある家族が暮らしていて、後、他へ移転して誰も住まなくなったけど・・・・
Dscn0645_2

家主が取り壊さず当時のままの状態で、一般公開しているミニミニ博物館です。
我家の近くにあります。たぶん、日本でいちばん世界でいちばん、小さい小さい博物館でしょう。
Photo

東京オリンピックまであったゴミ箱も当時のまま。ゴミの量は格段と少なかった。
Dscn0644

2階の小部屋で、当時のレコードジャケットを壁に貼った"ミニミニ企画展"や、ジャズレコードを聞く"ミニミニイベント"なんかもあります。

・・・

さて、卒業式も済み、ムサビ通信生活を記することも無くなったので、当ブログの更新にピリオドを打ちます。

私は雑文を書くのが好きで、自分のムサビ生活のブログを始めましたが、多くの方々が読んでくださることに気がつき、闇に向かった独り言でないので、楽しいブログになりました。

思えば、入学から卒業まで駆け足でした。
これは、諸事情で短期間で卒業せねばならなかったこと、そして、
自分が、ひとつにのめり込む性格で、うまくはまったためです。
が、これはデメリットもありまして、在学期間、疎遠となってしまった、人、事に、今後、関係修復せねばなりませんが(笑)

図書館に行き、本を探して、レポート書きは、私のとっては"非日常性"の時でした。
こんな贅沢な時間を許してくれた人に感謝します。

卒業は、一般的に"在学期間"のピリオドですが、私には(大袈裟ですが)人生の中の、ある期間の、句点のようで、卒業証書から、現役時代とは異なる"風"が吹いてきました。

このブログを見続けてくださった方、どなたか分かる術はありませんが、とても励みになりました。
今年、卒業された方、来年予定されてる方、マイペースで長期戦を続けてる方、いろいろかと思います。

当ブログ、ほんの少しは、お役に立つ情報もあるかもしれませんので、しばし残させていただきます。

ではでは

ありがとうございました。

.

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

寒風の日の卒業式

3月19日は、快晴なれど冷たい北風が吹く真冬の気候でした。
式場の体育館内も寒く、皆、コート着っぱなしでした。

ステージは白を基調とした清楚な構成。私は好きです。
開式いちばんは校歌斉唱。
プロの歌手でなく、教授、職員、学生の3人のみで熱唱。
うまい!感動的で期待感増大。
Sotsu1

学位記授与。各科代表学生の中にはユニークな衣装&演出もありました。
学長式辞。ステージ後方にドラムセットがあるのが一般大学では見ない風景かな。
Sotsu2_2

続いて理事長、教員、校友会長の祝辞。
皆、未曾有の大震災、あってはならぬ原発大事故の日本で、
美術が、我々が、何ができるかを問いかけていたのが印象的でした。

アトラクションはプロのパーカッションユニット。
個人的には間延びして面白くなかったです。
(期待感が一挙にしぼみました・・・笑)

式終了後、教室にて全員に学位記授与。
欠席した人が目立ちました。
講評日は週半ばの平日。それに続いて本日も仕事を休むのは難しい。
休めば「連休を楽しむ」と白い目で見られる人もいるでしょう。
http://cc.musabi.ac.jp/whatsnew/120319/120319.html
http://www.ustream.tv/recorded/21211199
その後、国分寺駅近辺で芸文の方とお茶(軽食)と思っていたら、T先生が食事を一緒とのことで合流したのですが、夕方から旧友との先約があり、中座し、失礼しました。

旧友との先約・・ずーと、疎遠になっていたひとつ。ジャズバンの再開計画です。
私は指が化石。ぜんぜん動かない再出発です(笑)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

卒制講評日

10時開始のところ9時30分頃に着き、早いかなと思ったら、教室、ほぼ全員座っていました。
みなさん気合いが入ってます。

40名弱の講評は長時間になり、疲れるかと思ったのですが、テキパキと進行、15時30分頃に終了。
短時間の要因は、前東工大教授のS.T先生の脱線講評が全員になかったから(笑)
それは別として、みんな笑顔でした。いい顔ばかり。

16時からの懇親会まで時間があり、朝から一本も吸っていないタバコを一服と、喫煙所に向かったら、油絵科の講評も終わり、2年前のスクで一緒だった油の方と劇的再会しました。

懇親会は芸文、油絵合同で、多くの方々と談笑できたので楽しかったです。
みんな、短い出会いの学友となりましたが、苦楽を長く共にしてきた感覚になります。

ほんとに、お疲れさまでした! そして、さようなら^_^

もっと話をしたかったけど、用があるので17時過ぎに帰路に着きました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

卒業制作展

駆け足&トンボがえりで行ってきました。国分寺駅からタクシーで行って学内30分で帰路です(笑)

Musabineko

油絵(絵画、日本画、版画)は約150名(残念ながら時間がなく全教室を見れなかった)
工デ(生デ、スペースデ)は約30名弱。
デ情(コミュデ、デザインシス)約20名強。
芸文(造形研究、文化支援)約40名弱。

Sotsuseiten

スクで声をかけられたり、何かと縁があるコミュデは、ひととおり拝見。
昨年7月・吉祥寺の「コミュ研2」スクで会った方と再会。時間がなく挨拶程度でしたが。ユニークな作品を楽しく拝見。ほんとにお疲れさまでした!

芸文は、テーマ一覧を見ると、昨年・卒制スク出席の人は半分もなかったのが残念でした。思うに、10月上旬の卒制スク後、10月末提出の草稿への急階段が大きいですね。

それと、全科に共通して卒制に重要なのは、一も二にも「テーマ」と思いました。
そのテーマの価値は、自分の熱が持続したかどうかで決まる。
展示してある作品の中には、その熱気が強く伝わってくるのがありました。
http://cc.musabi.ac.jp/whatsnew/120310/120310.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

卒業判定通知が届く

卒業判定結果通知書が届きました。
A4普通紙の3つ折が一枚とは、待ちわびたにしては、ちょっとさみしかったです。

Sotsuhantei_2

「卒業試験に合格することを条件として、[卒業]が認定された」とは
条件つきとは、奥歯にものがはさまったような文ですね。
工デとデ情は講評済みなので、すっきりとした文でしょう。

あとは講評日に出席すればOKなのかと気楽に考えていますが・・・。
コミュデは(聞き伝えですが)、講評における「自作品のプレゼン」までが卒制に含まれるとかで緊張したらしいです。

さて、卒展、いつ行けるかが未定です。
どうも雑用が細切れに入って、間が悪いです。
昨年は卒展が中止だったので、今年はぜひとも見にいかねばです。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

大学からのアンケート

 油絵、工デ、デ情の皆さん、卒業制作の提出、25日は天気が崩れ、持ち込まれた方は苦労されたのでは・・・お疲れさまでした。

 この時期、大学から履修登録授業科目についてのアンケートがきます。
私が注目したいのは「教員によるコメント・講評は適切でしたか」の項目です。
これで、学習へのモチベーションが大幅に高低したので。

 アンケート項目に追加して欲しいのは「添削期間」です。
おおむね1ヶ月以内ですが、2ヶ月以上かかる科目は、後進の方々のために、是非とも改善していただきたいものです。自由記入欄に大きく書きます!

 科目の一覧を見てたら、入学当初「○○○○基礎」の"基礎"の意味を誤解していたことを思い出しました。

スクでI先生が次のように言われてました。
---------
「基礎」とは、入門とか、易しいの意味ではありません。
例えば、建築構造物の「基礎」と考えてください
---------
 つまり、課題には、それなりのボリュームが課せられ、それなりのレベルが求められるということなのですね。
「○○○○基礎」という科目は「楽」かな・・・と思ったことがあるのですが、これは間違いでした。

 さて、2月はのんびり過ごせました。3月は、まず、3/3の卒業制作の採点と、続いて、3/8の卒業合否判定です。判決はいかに・・・

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

ムサビ通信おすすめスク

ムサビ通信 入学された(入学される)方、初めての履修登録に悩むかと思います。
まず、おすすめスクです。

おすすめ条件としては、スク事前や事後の通信課題がなく、スク出席だけで単位をゲットできる科目。必修科目、専門科目は除くとしました。

・文章表現I(1単位)
これから課題レポートを書く上で有益です。ムサビ流レポート様式もあるかと。

・カメラリテラシー(1単位)
カメラに興味ない人にも面白い内容。写真を撮る機会も増えるし。

・情報職業論&情報社会論理論(両方で2単位)
amとpmで連続して受講すれば、3日間で2単位ゲット。情報職業では制作料金算定などデザイン系の職業に関係する人には有益な内容も。

・ブックバインディング(2単位)
3+3、6日間、息つく間もない忙しい内容だが、手製本経験は面白く、図画工作好きな人に特におすすめ。

・コンピュータ基礎I(2単位)
3+3、6日間、息つく間もない忙しい内容だが、PCが嫌いでなければおすすめ。

・コンピュータリテラシー1または3(各1単位)

スクは仕事などとの調整、定員制は抽選もれ、申込み後に突発事態発生で断念、それと地方の方は交通費&宿泊費の経費増と壁も多く、ストレスも溜まりますが、単位は確実に増えます。

たかが1単位、されど1単位。いやいや是非とも欲しい1単位。スクが近づいたら体調管理を。暴飲暴食禁、夜遊び等禁(笑)です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

吉祥寺校の壁画

吉祥寺校の2号館4階、階段踊り場の壁画は誰がいつ描いたのでしょうか。
Musabi_kitisyouzi01
ムサビ校友会のHPの沿革のページを見たら、1943年に描いている写真が掲載されていました。
これほど古かったとは、驚きました。戦争中? なにかの間違いかな。

http://www.msb-net.jp/info/history.html

ムサビ卒で絵本作家の(故)佐野洋子さん(2010年11月5日没、72歳)が、
生前、ムサビ在学中の話を語っていました。
「木造校舎もあった学校では課題の説明と提出日が言い渡され、制作は自宅でやって、提出日に学校に行くという日々だった」

手狭な学校だったのですね。猫もいなかった(笑)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061272748/tomodachimuse-22

3号館(学生ホールがある館)は、地下の階に採光の構造になっていますが、
住宅地の中で高さ制限規制があるので地下も活用したのでしょう。
Musabi_kitisyouzi02
私、貧乏性なので、吉祥寺校の古くて狭いところって、何故か落ち着くのです(笑)

2010年6月のスクで吉祥寺校に行った時(授業が午後なので)、
途中にあった、古くて小さくて薄汚れて客が誰もいない喫茶店で時間をつぶしたのですが、
どうも40年前からやってるとのこと。12客席くらい。

先月、卒制を届けた時、ふと思い出して、行ってみようと思ったのですが、
場所わかりません。かげろうのごとき記憶の店だったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

ゆっくり読んだ武蔵美通信2月号

武蔵美通信2月号を読みました。
全ページを読むのは初めてかもしれません。
封を開けない日もあったり、関係あるページだけを
ササッと読み飛ばしたりしてましたから。

教員紹介は編集のT先生でした。
Q:いま夢中になっていること?
A:岩波文庫の背を剥ぐこと
というのが面白かったです。

2月催事ページは真っ白・・・と思いきや、卒制の提出日が・・・
油絵、工デ、デ情で卒制と格闘されている皆さま、
2月末の提出にがんばってください。

学生数が掲載されていました。(今回は12月21日現在の数)
在学総数:2,864名(前回7月15日の数は2,867名)
*10月入学生を含む数とのことだが、7月より3名しか増えてない。
4年生数:1,012名(7/15時は1,070名)
*5ヶ月間で約60名の方が退学したことになる。
芸文科4年生数:267名(7/15時は290名)
*5ヶ月間で23名の方が退学したことになる。

閑話休題
近くの区民施設で、ワンコイン(500円)講演があります。
内容は「フェルメール」講師は多摩美大の中村隆夫教授。
いつもになく前売り券が売れてるとのこと。
理由は渋谷の文化村でフェルメール展が開催されているからです。
東急線の電車、駅にはポスターが多く、宣伝力ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

昨日のような10年前のような

2年前の1月末、ムサビ通信への入学書類を書いていたのが、昨日のようにも10年前にも思えます。

決めたら吉日・・・性格がせっかちなので、早々と手続きしたわけですが、
これから入学を検討されている方にも早期なる手続きをお奨めします。

入学後に初めて行う履修登録は検討〜決定まで時間がかかります。
4月に入ってしまうと、春スクの申込期限が迫ってきます。

先のことが未定なら、授業料の半期払や、半年休学制度もあります。
ので、出遅れるより、早期入学をお奨めします。

閑話休題

卒論を提出して一息していたら、グラフィック・デザイナー(いまはアートディレクターと呼ばれることが多い)の石岡瑛子さんの訃報を聞きました。
石岡瑛子さん、ジャズのレコードジャケットをデザインしたこともあるのです。

http://www.amazon.co.jp/TUTU-マイルス・デイヴィス/dp/B00005HG4J
すごいインパクトです。初めて見た時、脳に焼き付いて消えなかったです。
ジャズ、トランぺッター、ジャケット・・・みんなぶっとばしてます。

そして、私の卒論に関係あるので、急いで修正したくなりましたが、減点対象を増やすだけ(笑)と言い聞かせてやめました。

現在、音楽を聞くのはmp3などのシリコンで、紙ジャケットを見る機会がないですが、
昔は、ものすごい大物デザイナーたちが創っていたのだなぁと改めて認識した日でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«力尽きて卒論を提出